ゲーム

【絶対勝ちたい】宇宙人狼『Among Us』クルーメイトで勝つための知識を徹底紹介!タスク編

かんちゃん

うわー、また負けたよ。インポスターが強過ぎて何したらいいかわかんないよ

ふもっと

かんちゃん混乱してたね、全くインポスターが誰かわからなかったんでしょ

かんちゃん

そうなんだ、頑張ってタスクを進めてたんだけど途中で誰も信じられなくて誰が味方なんだか。。。

ふもっと

タスクを頑張ってたのは分かってたよ、でもそれだけじゃかんちゃんが孤立して誰が味方かわからなかったでしょ?

かんちゃん

そうなんだよ、近くに誰もいないし知らないところで味方の数も減ってたんだ!

ふもっと

タスクを淡々とやっててもクルーメイトは勝てるもんじゃないんだよ。
よし、じゃあどうしたら勝てるか一緒に考えてみよう

宇宙人狼やってますか?
人気アプリ『Among Us』にどっぷりつかってしまった ふもっと です。

早くスマホ版にも日本語対応カモンっ!!と思いながらプレイしている今日この頃。。。議論タイムによく喋るからと言う理由で噛むのは本当に勘弁していただきたい!笑

さて、何度かプレイしてルールが分かってくるとそろそろ勝ちたくなってきませんか?今回はそんなアナタに役立つ知識を紹介していきたいと思います。

 

Among Us

INNERSLOTH

結論:タスクはあくまで推理の材料

著者撮影

クルーメイトの勝利条件に『タスクを全て完了する』とありますが、それを目指してあなたは自分のタスクを終わらせることに必死になっていませんか?

しかしながらタスクに熱中してしまい周りが見えていなかったり、仲間が殺害されても気付かず発見が遅れ、インポスターにアリバイ工作をする時間を与えてしまうことがあります。

タスクを終わらせて勝利を目指すことも大事ですが、タスクを利用して勝利できるようになるとよりクルーメイトチームの勝率は上がると思います。

タスク勝利は膠着状態が続いたときにクルーメイト側が起こせるアクションであって目指すタイミングはクルーメイト側が優位に立っていることが条件になってきます。

この記事ではタスク勝利だけでなくタスクを使って勝つためのテクニックを紹介していきたいと思います。

タスクを活かすためにはどうしたらいいか

白確タスク(ビジュアルタスク)を利用しよう

著者撮影

タスクの中には作業中、もしくは完了後一瞬ですが、演出の入るタスクがあります。
タスクを行なわないと演出は発生しないためインポスターが偽ることができません。
インポスターにとっては自分に白確タスクがあるとはなかなか言いづらいのでかなり有効な手段です。

白確タスクがもし自分のタスクに含まれていたら『議論タイム』にそれをアピールして味方についてきてもらい、証明してもらうことで自分を白確定させましょう。


白が1人見えるだけでもタイミングによってはインポスターを確定させる手がかりになるかもしれませんし、何人かローラーして追放することになった際自分が含まれていたときに生存意欲をアピールする材料にもなります。

白確タスクは以下になります。

白確タスク一覧
  1. ごみの廃棄
  2. 小惑星撃退
  3. 身体スキャン
  4. シールド準備

1.ごみの廃棄

著者撮影

ごみの廃棄タスクはセットの2つ目の内容で1つめはカフェテリア、もしくはオーツーのどちらかに発生したごみの廃棄タスクを実行するとストレージに発生します。

タスクの内容は、ゴミ箱右側のレバーを下ろすだけです。

完了後、自分の立っている場所の下方向(スペースシップ側面)から宇宙空間に向けてゴミが排出される演出が発生します。

2.小惑星撃退

著者撮影

小惑星撃退タスクはウェポンズで発生します。

タスクの内容は右から左に流れていく小惑星を20個破壊することでクリアになります。

破壊する数はタスク中カウント表示がされており中断しても途中から再開することができます。

作業中に小惑星を破壊する毎に自分の立っている場所から右方向(スペースシップ側面)の砲台先端が動きます。

3.身体スキャン

著者撮影

身体スキャンタスクはメッドベイで発生するタスクです。

タスクの内容はカプセルの上に立ち起動するとスキャンが始まり、終わるまでしばらく動くことができなくなります。

作業中に自分の身体が光り出します。

4.シールド準備

著者撮影

シールド準備タスクはシールズで発生するタスクです。

タスクの内容は表示される六角形7つの内、赤くなっている六角形の部分をタッチして青く変化させ、全て青になったらタスク完了です。

完了後、自分が立っている場所の右側(スペースシップ側面)の長丸部分が黄色く発光します

以上4つが白確タスクになります。全て覚えて『議論タイム』での証言として利用できるようにしましょう。

設定により演出を無効にすることができます。
有効かどうかはプレイ前にホストに確認するようにしましょう。

何人かのグループに分かれてタスクをこなす

後半になるにつれて人数も減り、自分のタスクに集中しているとだれにも会わないタイミングが発生しやすくなります。そうなったときに通報があってもアリバイのないクルーメイトが発生したり、いつ殺害されたのか、近くに誰がいたのか全くわからない状態が発生します。

こうなると大切な『議論タイム』にもだれも有益な情報が落とせず、せっかくの機会を逃してしまうことになります。

そんなときに有効になってくるのがグループ行動です。

なぜグループ行動なのか

著者撮影

グループ毎に分かれ団体行動をとることで以下のメリットが発生します。

グループ行動をするメリット
  1. インポスターの殺害するタイミングがなくなる
  2. タスクが安全に行えるようになり、タスク勝利を目指すことが出来る。
  3. 緊急タスクの解除ができず敗北するリスクを下げられる
  4. 白確タスクを確認してもらえる

1・殺害するタイミングがなくなる

インポスターはグループ行動することになるとグループの相方になったクルーメイトが邪魔になり自由に動けず、殺害行動を取りにくくなります。

相方を殺害したり別行動をするにはかなりの工夫をしないと容疑がかかるのは自分なのでインポスターはなかなかアクションを取れません。
『議論タイム』にグループ行動を提案するだけでもそれを嫌がるプレイヤーがいたらすこし怪しいと推理する材料ができます。

2・タスクが安全に行える

インポスターの行動が制限されることで殺害されるリスクを抑えながらタスクをこなすことが出来るようになります。

他にも、もし相方がタスクをやり終わってその場から離れたときに右上のゲージが上がっていない、もしくはタスクに時間がかかりすぎている場合はそれも推理の材料として確保できます。

3・緊急タスクを解除することができず敗北するリスクを下げられる

緊急タスクが発生した際に二箇所解除することになった場合、
片側にクルーメイトが集合してしまいもう一つのほうが解除されなかったり、解除しにいった仲間が殺害されて時間内の解除不可能になると敗北してしまいます。

グループ行動することで片方が到達していたらもう片方へ解除に行くことができ、先に解除が終わったほうがもう一方へフォローに行くことが出来るので制限時間内に解除できる確率が格段に上がります。

4・複数名で白確タスクが確認できる

白確タスクがグループ内の誰かにあった場合、何人かでそれを確認することができるので安全に仲間を見つけることができます。

インポスターが複数いる場合、口裏を合わせられる可能性があるので注意すること

以上の4つがグループ行動のメリットになり、クルーメイト側が優勢になることができます。

自分が行ったタスクを覚えておく

著者撮影

議論タイムでは緊急召集前にどこにいたかが議題になることが大半ですが、場合によって行っていたタスクの内容を聞かれることがあります。

だれが死んでいたのか気になったり、だれが通報したのか気になったりでついつい直前に行っていたタスクの内容などは忘れがちです。
インポスターはタスクがないため聞かれた際にすぐ答えられないだろうという推測からよくこの質問がされますが、もしタスクをやっていても忘れてしまっては回答も曖昧になり仲間から疑われてしまいます。

最低限、自分が最後に行ったタスクは覚えているようにしましょう。


自分が質問をするときは質問した相手以外が說明を手伝ったときなどはインポスターの仲間がフォローしている可能性があるので覚えておくとその情報がのちのち役に立つかもしれません。

タスクが多く残っている仲間を追放する

この方法はタイミングが制限されるので常に使うことはできませんがタスク勝利を目指す上で有効なテクニックになります。クルーメイト側の人数にかなりゆとりがある場合に使用する選択肢を取ることができます。

ある程度時間が立っている状態、もしくはタスク完了ゲージが半分程度進んでいるとき『議論タイム』にタスクが全然終わっていない仲間がいた場合、2つの可能性が考えられます。

・監視カメラなどのツールで味方を支援していたためタスクが遅れた

・その仲間はインポスターで嘘をついている

その時点でグループ行動を提案し、全てのタスクをこなそうとしてもその仲間のタスクを全て行っているグループは時間がかかり過ぎてしまい、その分インポスターに猶予を与えてしまいます。

その仲間を追放することでタスクに集中してもらい、一気にタスク完了を目指してもらうことが目的で、他のメンバーでグループ行動に移ることができ、仮にその仲間がインポスターであれば1人追放できるので大きなメリットになります。

本作以外の人狼ゲームでは自分を追放することを提案したりすることは”柱”と呼ばれて利敵行為とされてしまうことが多いですが、このゲームのルール上タスクを素早くこなすことが出来るのは”ゴースト”になることなので目的をタスク完了と考えるのであれば有効な手段になります。

残りのインポスターの数を十分に把握した上で提案しましょう。

まとめ

タスクを活かすためには以下の4つの方法が挙げられました。

タスクを活かす4つの方法
  1. 白確タスク(ビジュアルタスク)を利用しよう
  2. 何人かのグループに分かれてタスクをこなす
  3. 自分が行ったタスクを覚えておく
  4. タスクが多く残っている仲間を追放する

タスクを活かすということはタスク勝利することを一番に考えるのではなく、タスク自体を利用してインポスターをあぶり出す手段として活用することがクルーメイトの勝利につながると考えられます。

あくまでタスク勝利は最終手段として考えることで

・周りの状況を把握する

・単独行動を避ける

・味方のアリバイを証明し、インポスターのアリバイ工作をさせない

この3つに優先順位をおいて立ち回ってクルーメイトチームの勝利を目指しましょう!

かんちゃん

目からウロコだったよ、まさかタスクにこんなに使い方があったなんて!

ふもっと

タスク勝利はあくまで最終手段、うまく使ってインポスターの動きを制限しよう

かんちゃん

よーし、次はインポスターに好き勝手させないぞ!

2021/2/1現在、iOS・Android版は無料でプレイが可能です。
PC・Switch版は共に¥520-でダウンロードすることができます。

Among Us公式サイトはこちらから

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA